jeudi 25 août 2016

世界初、どこをとっても軟らかいタコ型ロボを開発 米大学

米ハーバード大学はこのほど、軟らかな素材だけで作られた小さなタコ型ロボット「オクトボット」を開発したと発表した。硬い部品を一切使わず内部の化学反応だけで動く世界初のロボットで、サイズはSDメモリーカードよりやや大きい程度しかない。 科学誌ネイチャーで24日、発表された論文によればオクトボットが自ら動く仕組みはこうだ。オクトボットの内部には過酸化水素が少量入れられており、これが化学反応によって気...

世界初、どこをとっても軟らかいタコ型ロボを開発 米大学

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire