mardi 30 août 2016

94光年のかなたに高度な文明? 「非常に強い信号」を観測

ロシアの天体望遠鏡が最近、地球から約94光年離れた恒星系で発信されたとみられる「非常に強い信号」をとらえていたことが分かり、地球外知的生命体の探査活動(SETI)に参加する天文学者らが大きな関心を寄せている。 信号は昨年5月に観測された。太陽とよく似た「HD164595」という恒星の近くから届いたとされる。研究者の国際チームが発信源の特定を急いでいる。 地球外生命体との交信を目的とするNPO(...

94光年のかなたに高度な文明? 「非常に強い信号」を観測

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire