lundi 22 août 2016

クリントン氏のメール問題、連邦地裁が新文書の公開指示

米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン前国務長官が在任中の公務に私用メールアドレスを使っていた問題で、ワシントン連邦地裁は22日、国務省に対し、当時クリントン氏と側近の間で交わされた1万4900件の文書を公開するよう指示した。 私用メール問題の捜査に当たった連邦捜査局(FBI)のコミー長官は7月、クリントン氏が2014年の退任後に国務省へ提出したメール3万通のほかにも、職務関連のメール数...

クリントン氏のメール問題、連邦地裁が新文書の公開指示

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire