mardi 30 août 2016

米国とキューバの直行定期便、半世紀ぶりに再開

米国とキューバを結ぶ定期便の運航が31日、約50年ぶりに再開される。ジェットブルー387便は米フロリダ州フォートローダーデールを発ち、キューバのサンタクララに到着予定。2015年に実現した両国の国交回復のシンボルとなる。 サンタクララは革命家チェ・ゲバラの墓地があることで知られる。ゲバラはキューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長と共に闘い、後に米中央情報局(CIA)の関与により殺害された。 ...



米国とキューバの直行定期便、半世紀ぶりに再開

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire