mardi 2 août 2016

元FBI職員、中国への情報提供で有罪認める NY連邦地裁

米連邦捜査局(FBI)に勤務しながら中国政府に機密情報を流していたとして今年3月に逮捕された元職員が1日、ニューヨークの連邦地裁に出廷して有罪を認めた。 元職員は中国生まれで米国籍を持つクン・シャン・チュン被告(46)。過去19年間にわたりFBIに勤務していた。 起訴状によると、チュン被告は中国の関係者に機密情報を送って金銭の見返りを得るため、FBI内の覆面捜査官に情報提供を頼もうとした。米国...

元FBI職員、中国への情報提供で有罪認める NY連邦地裁

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire