vendredi 12 août 2016

米連邦当局、マリフアナの規制緩和を拒否

米麻薬取締局(DEA)は11日、州レベルで医療用や嗜好(しこう)用の使用を認める動きが広がっているマリフアナ(乾燥大麻)について、連邦法上の規制を緩めるつもりはないとの立場を明らかにした。 DEAの発表は研究目的での規制緩和を求めた嘆願2件に対応したもの。マリフアナは現在、規制物質法で「付表1」に分類されているが、これが今後も維持されることになる。付表1には医療上の使用が認められず中毒性の高い...



米連邦当局、マリフアナの規制緩和を拒否

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire