lundi 8 août 2016

天皇陛下がお気持ち表明、衰えが「お務め」に影響を懸念

天皇陛下は8日、テレビを通じてお気持ちを表明し、健康状態が悪化すれば象徴としての務めを果たしていくことが難しくなるのではないかとの懸念を表明した。こうしたメッセージはまれ。 陛下は「既に80を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています」と述べた。 多くの人々は、今回のお...



天皇陛下がお気持ち表明、衰えが「お務め」に影響を懸念

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire