lundi 8 août 2016

病院で自爆テロ、70人死亡 弁護士や記者狙う パキスタン

パキスタン北西部クエッタの市民病院で8日に爆発があり、バルチスタン州保健当局によると70人以上が死亡、112人が負傷した。この病院には、同日銃撃されて死亡した有力弁護士の遺体が安置され、仲間の弁護士や報道陣が集まっていた。 反政府武装勢力「パキスタン・タリバーン運動(TTP)」は、病院の爆破と弁護士の殺害について犯行を認める声明を出した。 銃撃されて死亡したのはバルチスタン州弁護士会の会長だっ...

病院で自爆テロ、70人死亡 弁護士や記者狙う パキスタン

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire