vendredi 2 septembre 2016

ウズベキスタン大統領が死去、脳卒中で入院後 長期政権維持

ウズベキスタン政府は3日までに、同国を25年間にわたり統治してきたイスラム・カリモフ大統領が2日に死去したと国営Uza通信で発表した。78歳だった。葬儀は3日に行われる予定。 娘のローラさんは2日、写真共有サイトのインスタグラムに黒い正方形の画像を投稿し、「彼が旅立った」とのメッセージを添えた。ローラさんは先に、交流サイトのフェイスブックで、カリモフ氏が脳卒中で先月27日に入院したと明かしてい...

ウズベキスタン大統領が死去、脳卒中で入院後 長期政権維持

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire