jeudi 15 septembre 2016

豪雨のバングラ首都に真っ赤な濁流、動物いけにえ行事で

バングラデシュの首都ダッカ市内で14日、イスラム教の主要な祝祭である「犠牲祭」の動物のいけにえ行事に伴う流血が豪雨の影響で市内の路上に真っ赤な色となって奔流する異例の光景が出現した。 犠牲祭は神への感謝への表現として、羊などを殺し、住民にその肉をふるまう習わしとなっている。イスラム教の預言者イブラヒム(アブラハム)が神のお告げで求められた息子の代わりに動物を捧げた故事にちなんでいる。いけにえと...

豪雨のバングラ首都に真っ赤な濁流、動物いけにえ行事で

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire