samedi 3 septembre 2016

伊地震の負傷者を料理名で風刺、ラザニアなど 仏新聞

刺激的な風刺画で過去にも物議を醸したことがあるフランスの週刊新聞「シャルリー・エブド」が3日までに、イタリア中部を8月24日未明に襲った大地震の負傷者らを題材にした作品を最新号に掲載し、被災者らから反発を買う騒ぎとなっている。 この作品のタイトルは「イタリア式の地震」と称するもので、負傷者の姿をイタリア料理のレシピになぞらえて描いている。出血多量の男性には「トマトソースのペンネ」、顔面に大きな...



伊地震の負傷者を料理名で風刺、ラザニアなど 仏新聞

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire