vendredi 16 septembre 2016

シリア空爆で23人死亡、米ロが互いの停戦違反を非難

シリア東部のデリゾールが15日に空爆され、子ども9人を含む少なくとも23人が死亡、30人が負傷した。米ロは互いが停戦合意に違反したと主張している。 シリア人権監視団(本部・英国)によると、デリゾールの空爆に米ロのどちらが関与していたのかは不明。シリアでは米ロの合意で12日から停戦が発効したが、デリゾールは対象外だった。 空爆は4回にわたって行われ、特に避難所となっていた学校への空爆で多数の死傷...

シリア空爆で23人死亡、米ロが互いの停戦違反を非難

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire