lundi 7 novembre 2016

1日6時間勤務、健康も生産性も向上か スウェーデンで実践

ほとんどの国で定着している1日8時間の労働時間。しかし複数の国で22年間にわたって労働時間を調べた経済協力開発機構(OECD)の調査では、働く時間を数時間短縮すると、生産性が最も高まることが分かった。スウェーデンでは1日6時間労働を実行に移す取り組みも始まり、一定の成果を上げている。 労働時間は週48時間を超えると生産高が減り始めると指摘した論文もある。第1次世界大戦中の英国の軍需工場のデータ...

1日6時間勤務、健康も生産性も向上か スウェーデンで実践

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire