samedi 19 novembre 2016

英国発、廃棄食材カフェが台頭<2> ネットワークの構築

2013年に短期の海外旅行から戻ったアダム・スミス氏は、食品廃棄の規模や影響の大きさに次第に苛立ちを覚えるようになった。 同年、食品廃棄に関する広範な報告書が発表され、世界で生産される食料全体のおよそ半分にあたる20億トンが廃棄されており、そのために大量の水が消費され、大量の二酸化炭素が放出されている実態が明らかになった。 そこでスミス氏は、この状況を改善することを決意し、まず自分の故郷である...

英国発、廃棄食材カフェが台頭<2> ネットワークの構築

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire