vendredi 11 novembre 2016

古代都市の遺跡発見、40年来の謎解決 ISIS支配地付近

イラク北部の過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」支配地域の近くで、青銅器時代に1200年以上にわたり栄えた都市の跡が発見されたことが12日までに分かった。 現場では1975年、高速道路の建設中に、アッカド朝で神格化されたナラム・シン王の青銅の像が見つかっていた。考古学者は今回の発見により、青銅像発見の場所にまつわる数十年来の謎を解決。アッカド文化の重要な拠点がこの地域にあったと...



古代都市の遺跡発見、40年来の謎解決 ISIS支配地付近

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire