lundi 7 novembre 2016

中国が「ネット安全法」制定、企業や人権団体から批判集中

中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は7日、個人情報の保護やインターネット詐欺対策を掲げた「インターネット安全法」を採択した。これに対し、海外企業や人権団体から「ネットへの統制強化」だとする批判が集中している。 同法は「ネット空間で国家主権の原則を確立する」という目的の下に制定された。ネット接続業者に個人情報の収集を求めたり、中国内で得られたデータの持ち出しを禁止したりする条項が含まれ...

中国が「ネット安全法」制定、企業や人権団体から批判集中

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire