samedi 26 novembre 2016

がん治療の息子の点滴に排泄物、母親を逮捕 米

米インディアナ州インディアナポリスの裁判所は27日までに、がん治療のため小児病院に入院中の息子(15)の点滴用薬液が入った袋に自らの大便の一部を混入させていた疑いで母親(41)が逮捕、訴追されたことを明らかにした。 裁判所文書によると、容疑者は動機について息子が手当てを受けている集中治療室より良い治療が可能と思い込んだ同病院の別の診療部門へ移すことを狙ったと供述した。加重暴行6件と扶養対象者の...



がん治療の息子の点滴に排泄物、母親を逮捕 米

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire