mercredi 9 novembre 2016

クリントン氏が敗北認める演説、次世代の女性に期待寄せる

「申し訳ない」――。米国初の女性大統領に選出されると確信しながら、共和党のドナルド・トランプ氏に予想外の敗北を喫した民主党のヒラリー・クリントン氏は9日、ニューヨークで支持者や陣営スタッフを前に演説し、この一言で選挙戦を締めくくった。同氏の政治家としてのキャリアもこれで終わりになる公算が大きい。 選挙結果が判明して以来、初めて公の場に姿を見せたクリントン氏は敗北をはっきりと認め、米国憲法では政権...

クリントン氏が敗北認める演説、次世代の女性に期待寄せる

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire