dimanche 20 novembre 2016

当選後の会見開かぬトランプ氏、76年以降で最長の日数に

米国のドナルド・トランプ次期大統領が当選を決めた後、自らの施政方針などを示す記者会見を開かない日数が今月18日の時点で、少なくとも1976年のジミー・カーター大統領以降、最長となった。 同年以降、大半の当選者は3日間内に記者団と会い、政権が果たすべき課題についての持論を開陳するなどしていた。 この中でトランプ氏の報道官を務めるホープ・ヒックス氏はCNNMoneyの電子メール取材に、「会見は近く...

当選後の会見開かぬトランプ氏、76年以降で最長の日数に

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire