lundi 21 novembre 2016

英14歳少女の遺体を冷凍保存、未来の蘇生と治癒に希望託す

自分の死後は遺体を冷凍保存してほしいと望んだ英国の14歳の少女の願いが英高等法院で認められ、このほど米国の施設で遺体を冷凍する処置が行われた。 判決によると、この少女「JS」さんは治療困難ながんと診断され、遠い未来に蘇生して治癒できる可能性に希望を託して遺体の冷凍保存を望んだ。 JSさんは、「私はまだ14歳。死にたくないけれど、死ぬことが分かっている。冷凍保存すれば、たとえ何百年も先であっても...



英14歳少女の遺体を冷凍保存、未来の蘇生と治癒に希望託す

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire