samedi 12 novembre 2016

FBI長官の書簡が「打撃」 クリントン氏が敗因語る

米大統領選で共和党のドナルド・トランプ氏に敗れた民主党候補、ヒラリー・クリントン氏は12日、同氏の私用メール問題で再捜査を表明したコミー連邦捜査局(FBI)長官の書簡が選挙戦に大きな打撃を与えたとの見方を示した。 クリントン陣営に献金した支援者らとの電話会議で語った。会議は非公開だったが、参加した支援者によると、クリントン氏はコミー長官が10月28日に議会へ送った書簡に言及。それまで3回のテレ...

FBI長官の書簡が「打撃」 クリントン氏が敗因語る

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire