lundi 28 novembre 2016

朴大統領、検察の聴取を拒否 「多忙」理由に

韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は28日、親友の国政介入問題に端を発した一連の疑惑をめぐり、検察が要請していた事情聴取を「多忙」との理由で拒否した。 朴氏の弁護人、柳栄夏(ユヨンハ)氏が検察へのメッセージで、朴氏は事態の収拾に努めていて、29日までに特別検察官を任命する仕事もあり、残念ながら聴取に応じる時間はないと説明した。 韓国の国会は一連の疑惑について、独立した立場の特別検察官に捜査を任せる...



朴大統領、検察の聴取を拒否 「多忙」理由に

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire