mardi 22 novembre 2016

米大統領選、3州で不正操作か 専門家が不審な傾向を指摘

今月8日に投開票された米大統領選をめぐり、激戦となった一部の州で票数が不正に操作されたり、コンピューターシステムへの不正侵入があったりした可能性を、著名な専門家らのグループが指摘していることが23日までに分かった。 ミシガン大学のコンピューター科学者、アレックス・ホルダーマン教授らによると、大統領選で民主党地盤とされながら共和党のドナルド・トランプ氏が制したウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベ...



米大統領選、3州で不正操作か 専門家が不審な傾向を指摘

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire