mercredi 30 novembre 2016

50万人が水不足、ISISの妨害でさらに悪化 モスル

イラク軍が過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に占拠されたイラク北部の要衝モスルの奪還作戦を続ける中、市内に取り残された住民約50万人への水道水の供給が断たれた状態であることが1日までにわかった。国連関係者がCNNに明らかにした。 3本ある主要な水道管のうち1本が破壊された。国連児童基金(ユニセフ)によれば、破壊された水道管はISISの占領地域にあり、修繕に向かうことは不可能だ...

50万人が水不足、ISISの妨害でさらに悪化 モスル

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire