jeudi 17 novembre 2016

冥王星、地表の下に「氷の海」存在か 探査機のデータが示唆

冥王星の地表の下に「氷の海」が隠れている可能性があることが17日までに分かった。科学誌ネイチャーで発表された研究で明らかになった。 冥王星の北部地域には、1000キロにおよぶハート形の「スプートニク平原」が存在している。今回発表された2つの研究では、スプートニク平原と冥王星の衛星カロンとが常に一直線上に並ぶ理由について説明を試みている。 アリゾナ大学による1つ目の研究では、スプートニク平原が氷...

冥王星、地表の下に「氷の海」存在か 探査機のデータが示唆

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire