mercredi 23 novembre 2016

摂食障害の米女性、経管栄養治療を拒否 裁判所が権利認める

重度の摂食障害の治療の一環として強制的な経管栄養補給を受けていた女性患者の治療を巡り、米ニュージャージー州の裁判所がこのほど女性側の訴えを認め、治療を拒む権利を認める判決を言い渡した。 女性側の弁護士によると、同州モリス郡の裁判所は21日に言い渡した判決の中で、女性が「医学的介入から解放されて生きる権利」を認めた。 裁判記録によると、29歳の女性患者は州当局によって、鼻に通した管から液体の栄養...

摂食障害の米女性、経管栄養治療を拒否 裁判所が権利認める

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire