vendredi 18 novembre 2016

米次期政権、移民政策で9・11後の登録制度参考か 関係者

ドナルド・トランプ次期米大統領の政権移行チームでは、新たな移民政策の策定が始まっている。関係者によれば、テロリストの活動が活発な高リスク国からの渡航者を追跡調査する制度が検討されているという。 これは9・11同時多発テロの後に始まり、5年前に終了した「国家安全保障出入国登録システム(NSEERS)」と類似したもので、イラクやシリア、アフガニスタンといったテロリストが活動している国々からの移民を...

米次期政権、移民政策で9・11後の登録制度参考か 関係者

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire