jeudi 10 novembre 2016

モスル奪還作戦、警官姿の集団が住民殺害 アムネスティ報告

国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは10日、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」からの奪還を目指す作戦が展開されているイラクの都市モスルで、イラク警察の制服を着た集団が住民を殺害したり拷問したりしているとして非難した。 ISISとの関係を疑われ、裁判にかけられることなく10月下旬に殺害された住民は少なくとも6人に上るという。 アムネスティの発表によると、モスル南部で...



モスル奪還作戦、警官姿の集団が住民殺害 アムネスティ報告

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire