jeudi 10 novembre 2016

米連邦航空局、トランプタワー上空の飛行を制限

米連邦航空局(FAA)は11日までに、8日の大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利したことを受け、ニューヨーク・マンハッタンにある超高層ビル「トランプタワー」の上空を一時的な飛行制限空域に指定した。 トランプタワーから半径約3.7キロの空域では、高度3000フィート(約900メートル)未満の飛行を禁止する。シークレットサービスや緊急出動機を援護する軍用機は例外とする。要人警護が目的とされ、期間...

米連邦航空局、トランプタワー上空の飛行を制限

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire