mardi 15 novembre 2016

博多駅前の陥没道路がスピード復旧、日本の技術力を証明

福岡市のJR博多駅前で8日に起きた大規模な陥没の復旧工事が15日に完了した。道路にできた大きな穴をわずか数日で埋め戻した工事は、日本の高い技術力と迅速な仕事ぶりを物語っている。 ビジネス街の道路に幅30メートル、深さ15メートルの穴が出現した後、工事業者は24時間態勢で作業を続け、セメントを混ぜた土で12日までに埋め戻した。 穴には破損した下水管から大量の水が流れ込んでいたため、工事は難航した...

博多駅前の陥没道路がスピード復旧、日本の技術力を証明

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire