vendredi 4 novembre 2016

米保健当局、新たに7つの発がん性物質を指定

米保健福祉省は3日、第14回発がん性物質報告書を発表した。新たに7つの物質がリストに加えられ、発がん性物質は全部で248種類となった。 今回加わったうちの5つはウイルスだった。内訳は、エイズウイルス1型(HIV−1)にヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV−1)、エプスタイン・バー・ウイルス(EBV)にカポジ肉腫関連ヘルペスウイルス(KSHV)、メルケル細胞ポリオーマウイルス(MCV)だった。 ...

米保健当局、新たに7つの発がん性物質を指定

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire