jeudi 24 novembre 2016

マレーシア当局、テロ取締法で人権活動家を摘発

マレーシアで、著名な人権活動家が過激派やテロリスト摘発のための法律に基づいて逮捕されていたことが25日までにわかった。同国ではナジブ首相への資金流用疑惑を糾弾する大規模デモが起きるなど、政府への批判が高まっている。 人権活動家マリア・チン・アブドゥラ氏が逮捕されたのは大規模デモの前日の18日。根拠とされたのは、テロ対策を目的とした治安犯罪特別措置法(SOSMA)という法律で、28日間の拘留が可...

マレーシア当局、テロ取締法で人権活動家を摘発

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire