dimanche 20 novembre 2016

アレッポ空爆、「ホロコースト」と活動家 毒ガス使用の疑いも

シリア政府軍は北部アレッポで、反体制派が拠点とする市東部への攻撃をさらに強めている。情報筋が20日までに語ったところによると、空爆は過去5年にわたるシリア内戦でも最悪の規模とされ、有毒な塩素ガスが使われた疑いもある。 アレッポ東部への空爆は15日から連日実施されてきた。現地の救助ボランティア団体「シリア民間防衛隊(通称・ホワイトヘルメッツ)によると、19日までに少なくとも289人が死亡した。 ...

アレッポ空爆、「ホロコースト」と活動家 毒ガス使用の疑いも

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire