mardi 29 novembre 2016

グレートバリアリーフ、今年の白化現象は「過去最大規模」

オーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフの北側一帯で今年、7割近いサンゴ礁で白化と呼ばれる現象が起き、過去最大規模の被害が出ているとの報告が新たに発表された。 豪研究機関、オーストラリア研究会議(ARC)のサンゴ礁研究センターを率いるテリー・ヒューズ所長らが報告をまとめた。 グレートバリアリーフの北側700キロの部分を上空から調べたり、ダイバーが直接確認したりした結...

グレートバリアリーフ、今年の白化現象は「過去最大規模」

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire