dimanche 6 novembre 2016

「新メール」の大半は閲覧済み、早急に結論 クリントン氏私用メール問題

米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題をめぐり、新たに見つかったメールを調べていた連邦捜査局(FBI)が今年7月に同氏の訴追を求めないとした結論に変更はないとの見解を示した件で、数千通に及ぶメールの大半は私的な内容で、当局がすでに閲覧していたメールの複製だったことがわかった。 当局者によれば、こうしたことから、早急に結論に達したという。メールの再捜査は大統領選後まで続く可...

「新メール」の大半は閲覧済み、早急に結論 クリントン氏私用メール問題

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire