samedi 5 novembre 2016

米で銃器類販売が急増、大統領選への思惑交錯し

米国の銃器メーカー大手「スターム・ルガー」は5日までに、今年9月30日までの第3四半期における銃器類の販売が急増したと報告した。今月8日に実施される米大統領選の投票との関連性を指摘している。 米国の銃器メーカーは、米大統領選候補2人のうち民主党のヒラリー・クリントン前国務長官の当選により強い警戒心を募らせている。クリントン氏は銃規制問題で、攻撃銃などの禁止を再度主張し、銃購入の際に義務付ける身...

米で銃器類販売が急増、大統領選への思惑交錯し

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire