lundi 21 novembre 2016

アフガン首都のモスクで自爆テロ、百人死傷 ISISが声明

アフガニスタンの首都カブールで21日正午すぎ、イスラム教シーア派のモスク(礼拝所)を狙った自爆テロがあり、少なくとも30人が死亡、70人が負傷した。 過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」がメディア部門のアマク通信を通して犯行声明を出した。自爆犯の身元に関する情報は公表しなかった。 地元警察の報道官によると、犠牲者の中には子どもや女性が含まれている。自爆犯はモスクに侵入して自爆し...

アフガン首都のモスクで自爆テロ、百人死傷 ISISが声明

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire