mardi 8 novembre 2016

オバマ政権の8年で暮らしは「良くなった」 民間調査

オバマ米大統領の任期満了が近づくなか、米国民の多くは大統領が就任した8年前に比べ、暮らし向きが良くなったと感じていることが、調査会社ギャラップなどの統計で分かった。 ギャラップが先月実施した調査によると、「今は質の高い仕事を見つけるのに適した時期だ」と答えた人は42%に達した。この数字は2011年に8%まで下がっていたが、好景気だった07年のレベルまでほぼ回復した。 先月の失業率は4.9%と、...

オバマ政権の8年で暮らしは「良くなった」 民間調査

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire