vendredi 25 novembre 2016

NYでクジラを安楽死、住民から批判も

米ニューヨーク州ロングアイランド沖の浅瀬に乗り上げ、数日間にわたり身動きがとれず衰弱していたザトウクジラがこのほど安楽死処分になった。米海洋大気局(NOAA)の獣医師チームはクジラの健康状態を考慮すると安楽死が最も人道的な措置だったと説明しているが、クジラを見守っていた住民の一部からは対応が遅かったと批判する声も上がっている。 NOAAによると、このクジラは水深が30~60センチほどしかない入...

NYでクジラを安楽死、住民から批判も

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire