jeudi 17 novembre 2016

JPモルガンに制裁金290億円、中国高官家族の縁故採用で

米当局と米金融大手JPモルガンは、同社が中国での事業拡大を目的に十分な能力のない政府高官の親族を縁故採用していた問題で、同社が計2億6400万ドル(約290億円)の制裁金を支払うことで合意した。 制裁金の内訳は証券取引委員会(SEC)に対して1億3000万ドル以上、司法省に7200万ドル、連邦準備銀行に6200万ドルとなっている。 当局は海外腐敗行為防止法(FCPA)の違反の疑いで同社を3年に...



JPモルガンに制裁金290億円、中国高官家族の縁故採用で

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire