jeudi 1 décembre 2016

オランド仏大統領、再選への出馬断念 テロなどで支持率低迷

フランスのオランド大統領は1日、来年春の大統領選挙への立候補を断念したことを明らかにした。1958年に第5共和制が成立して以降、現職大統領が再選を目指さないのはこれが初めて。 支持率の低迷に直面しているオランド大統領は「私は大統領選に立候補しないことを決めた」と述べた。 この決定により、与党・社会党は大統領選で共和党(中道右派)のフランソワ・フィヨン候補や国民戦線(極右)のマリーヌ・ルペン候補...

オランド仏大統領、再選への出馬断念 テロなどで支持率低迷

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire