jeudi 8 décembre 2016

羽毛の生えた恐竜の尾、琥珀の中から発見 体色など解明へ

9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。 琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャンマー北部の琥珀市場で見付けた。中身は植物だと業者は考えていたという。しかしシン氏は「中身は植物ではな...

羽毛の生えた恐竜の尾、琥珀の中から発見 体色など解明へ

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire