vendredi 9 décembre 2016

米軍部隊、日本本土初攻撃の記憶<2> 多機能・重武装の「B25」

ジョージア州ハウストン郡にある空軍基地で行われた航空ショーでは「ショウミー」の名で呼ばれる第2次世界大戦時の爆撃機B25の離陸を控え、エンジンが轟音(ごうおん)を立てていた。操縦士のデイビッド・トンプセン氏によれば、爆音が大きいのは、エンジンの排気管が操縦室の方向を向いているためだ。 前回「米軍部隊、日本本土初攻撃の記憶<1> 存命最後の隊員が回想」はこちら 管制官から青信号が出ると、製造から...

米軍部隊、日本本土初攻撃の記憶<2> 多機能・重武装の「B25」

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire