vendredi 9 décembre 2016

米軍部隊、日本本土初攻撃の記憶<3> 過酷な作戦の始まり

トンプセン氏によれば、空母から離陸する際に操縦士にとって最もリスクが高かったのは、低速度でのエンジンの動作不良だったとみられる。機体の制御を失い空母上の構造物に突っ込んでしまう恐れもあったという。 前回「米軍部隊、日本本土初攻撃の記憶<2> 多機能・重武装の『B25』」はこちら B25は通常、約2000フィートの滑走路を必要とする。だが空母ホーネットの甲板には離陸までの距離が300フィートしか...

米軍部隊、日本本土初攻撃の記憶<3> 過酷な作戦の始まり

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire