jeudi 1 décembre 2016

ハイチでのコレラ流行、国連が責任認め謝罪

国連の潘基文(パンギムン)事務総長は1日、2010年に大地震に見舞われた後でコレラが大流行したハイチで、国連が感染拡大を防止するための措置を十分に講じず、少なくとも1万人を死に至らしめたと認めて謝罪した。 国連は、地震から9カ月後にネパールの国連平和維持活動(PKO)部隊がコレラを持ち込んだことを長い間認めてこなかった。それまで150年以上、ハイチでコレラの発生例はなかった。 専門家や犠牲者の...

ハイチでのコレラ流行、国連が責任認め謝罪

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire