vendredi 9 décembre 2016

米国人の平均余命、78.8歳に 22年ぶりに縮小

米疾病対策センター(CDC)は8日、米国人の2015年の平均余命が前年より0.1歳縮んで78.8歳になったと発表した。平均余命が短くなったのは1993年以来、22年ぶり。特定の層に限らず、全体的に縮む傾向がみられた。 平均余命は女性が81.2歳、男性が76.3歳。いずれも2014年より短い。 65歳時の平均余命は19.4年で前年と変わらず、女性は20.6年、男性は18年だった。 米国人の10大...

米国人の平均余命、78.8歳に 22年ぶりに縮小

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire